JA北河内

文字サイズ標準拡大
緊急時の連絡先

農業への取り組み

組合員がより良い農産物の生産と生活ができ、消費者の信頼を高め、
地域の核となるよう、いろいろな活動をしています。

指導事業

指導事業

指導事業には、農業生産に関する「営農指導」と、
豊かな生活を送るための「生活指導」に大別され、
組合員の営農や生活がより効果的に行われることを目的にしています。

  • 営農指導

    組合員の営農活動を援助し、その改善と地域の総合的な農業生産力の維持、向上を目的として、足腰の強い農業経営、さらには地域社会が活性化することを目指しています。

    栽培管理記録へ

    農産物販売 自己点検シート

  • 生活指導

    組合員の生活全般について援助し、組合員や地域社会の生活改善と向上を図るもので、消費・健康・文化・娯楽など活力ある地域づくりに取り組んでいます。
    また、生活文化活動を通じて、組合員・地域住民が健康で心豊かなゆとりと潤いのある暮らしの実現に向け、総合的な生活活動を展開しています。

  • 広報活動

    JAでは、食糧問題や農業問題、さらにJAの活動や事業内容をより多くの人に正確に知ってもらいたいと考え、さまざまな広報活動を行っています。組合員・JA利用者には、毎月、広報誌「JAきたかわち」を発行しています。また、広く一般にも情報を提供するために、ご覧の「ホームページ」の開設や、地域コミュニティー紙「あぐり・ネット」を発行しています。

    広報誌の最新号・バックナンバーへ

経済事業

経済事業

経済事業は、農家から消費者へ新鮮な農産物を届ける「販売事業」と、
農業や日々の生活に必要な物資を組織的にまとめて購入する「購買事業」の
2つから成り立っており、消費者に幅広く優良商品を提供しています。
また、同様に農家へ農業生産に必要な資材を提供しています。

  • 販売事業

    組合員の生産した農産物を共同で販売する事業で、秋に収穫された米(良食味米「ヒノヒカリ」)や青果物などを販売しています。また、より安全で新鮮な地場産の野菜を学校給食や直販を通じて、地域の皆様に提供するとともに、米の食味の向上を図るため、「エコれんげ栽培米」を奨励しています。

  • 購買事業

    JAの優位性を活かした肥料・農薬・その他生産資材の充実に努め、家庭園芸にも最適な質の良い肥料や農薬、園芸用品などの他に、日常生活に必要な生活用品・日用雑貨を販売しています。

その他の事業

その他の事業

  • 利用事業

    営農センターに育苗センター(水稲共同育苗施設)とライスセンター(穀類共同乾燥調整施設)、くん炭製造施設などの共同利用施設や貸出用農機具が充実しており、農作業従事者の高齢化に伴う農作業の補完的施設としての役割を果たしています。

  • 資産管理事業

    組合員の農地等資産の管理・有効活用について指導・支援を行う事業です。また、相続対策等の相談をはじめ、顧問税理士・弁護士による税務・法律相談を行っています。

  • 旅行事業

    JA北河内旅行センターでは、組合員の個人旅行から団体旅行、国内旅行から海外旅行の相談・手配を行っています。また、地域ニーズを反映した募集旅行などにも取り組んでいます。

    旅行センターの詳細へ

instagraminstagram